本当にいいのはどっち? 低分子コラーゲンvs高分子コラーゲン

低分子コラーゲンだけでいいの?コラーゲンの効果を徹底検証

HOME » 【特集1】誰も知らないコラーゲンのウソ・ホント » コラーゲンには効果がないって本当?

コラーゲンには効果がないって本当?

このページでは、飲んだり食べたりしても効果がないといわれているコラーゲンが、本当に効果がないのかを調査しまとめています。

「コラーゲンには効果がない」は真っ赤なウソ

美容において、肌のハリを維持するために欠かせない成分であるコラーゲン。しかし、このコラーゲンは歳を取るごとに減少していき、体外から補う必要があります

そんなコラーゲンですが、食べたり飲んだりしても体内で分解され、効果がないという話を聞いたことがある方も多いと思います。

口から摂取したコラーゲンが体内で吸収されるためには、一番初めにアミノ酸に分解される必要があります。一度分解されてしまうと元のコラーゲンに戻るとは限らない上、コラーゲンは人体のあらゆる組織に使われているため、自分が気になるポイントにだけ供給されるといったこともありません。

ここまで聞くと「コラーゲンって効果ないんだ」と思われる方も多いと思います。

しかし、最近の研究で、口から入った一部のコラーゲンが分解されずに肌まで届けられていることがわかってきました。その一部のコラーゲンというのが「ヒドロキシプロリン」という物質です。

ヒドロキシプロリンは、線維芽細胞と呼ばれる細胞を増やす効果があり、その線維芽細胞によってヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促す作用があります。

ゆえに、効果を実感するためには、ヒドロキシプロリンを体内に効率よく吸収できるようなコラーゲンを摂取することが重要になります。

その効果が最も高いのが、今話題の「低分子コラーゲン」なのです。

効果的なコラーゲンの摂取方法

コラーゲンの摂り方

食品からコラーゲンを摂取する場合、効果を得られる十分な量を摂取するためには相当量の食品を食べなければなりません

結果的に脂質や塩分を摂りすぎてしまうことにもなりかねないため、コラーゲンだけを摂取するには、あまりにもリスクが高すぎるといえます。

そのために役立つのが、コラーゲンが配合されたドリンクやサプリメントです。

さらに、上記で述べた低分子化処理をされている、「低分子コラーゲン配合」のもので摂取するとより吸収率が高まるでしょう。

ビタミンCの役割

ビタミンCは、体内でコラーゲンの合成に必要な酵素を助ける役割を果たします。

例えば仕事によるストレスが多い方はビタミンCが激しく消耗されてしまうので、体内のコラーゲンを安定して維持させるためには積極的に補っていくことが重要になってきます。

摂取するタイミング

基本的にはどの時間帯に摂取しても良いのですが、より高い美容効果を望むなら、就寝前に摂取するのが良いとされています。

「お肌のゴールデンタイム(22時~2時)」と呼ばれる時間を考慮するなら、23時までにはコラーゲンを摂取し、0時には就寝するといったタイムスケジュールがよさそうです。

 
本当にいいのはどっち? 低分子コラーゲンvs高分子コラーゲン