本当にいいのはどっち? 低分子コラーゲンvs高分子コラーゲン

低分子コラーゲンだけでいいの?コラーゲンの効果を徹底検証

HOME » 【特集1】誰も知らないコラーゲンのウソ・ホント

【特集1】誰も知らないコラーゲンのウソ・ホント

これまでのページをご覧になってもおわかりかと思いますが、コラーゲンサプリメントの主流は低分子コラーゲンと言えます。

高分子コラーゲンよりも圧倒的に低分子コラーゲンの製品のほうが多いのです。

低分子vs高分子論争?

低分子コラーゲン製品が多い理由は「吸収の良さ」。体にしっかりと吸収されなければ意味がないのはその通りでしょう。

しかし、高分子でなければ本来の働きは望めないのでは?という意見も実は非常に多くあります。

これはコラーゲンに限ったことではありません。例えばチキンキトサンにも低分子と高分子があり、やはり「低分子のほうが吸収がいいが高分子でなければ本来の効果は出ないのでは?」と意見が分かれているそうです。

ほかにもフコイダンなどに低分子と高分子があり、同じような論争が起こっています。コラーゲンの場合は、高分子コラーゲンと低分子コラーゲン、果たしてどちらを飲めばいいのでしょうか?

このカテゴリでは、低分子コラーゲンと高分子コラーゲンのそれぞれのメリットについて考察していきます。

また、コラーゲンの原料の中で魚と豚のどちらがいいのか?など、コラーゲンを飲む前に知っておきたいポイントをわかりやすくご紹介していきます。

 
本当にいいのはどっち? 低分子コラーゲンvs高分子コラーゲン