本当にいいのはどっち? 低分子コラーゲンvs高分子コラーゲン

低分子コラーゲンだけでいいの?コラーゲンの効果を徹底検証

HOME » 飲むコラーゲンが人気なわけって?

飲むコラーゲンが人気なわけって?

今、美容に関心の高い方々に飲むコラーゲンが人気な理由を検証してみました。

飲むコラーゲンが人気のわけとは?

体内のコラーゲンは、20歳をピークにどんどん減少していき、肌のハリや潤いを保つことができなくなるため、あらゆるお肌の悩みの原因となる要素です。

現在はコンビニなどでもコラーゲンが配合されたドリンクが販売されており、「手軽にコラーゲンが摂取できる!」と、美容に関心の高い方々に人気の商品なんだそうです。

もっとも効果を実感できるであろう摂取方法は、「直接体にコラーゲンを注射する」ことだとお思いますが、かなりのコストがかかりますし、何より通院しなければならないため手間もかかります。

もっと日常的に、より多くのコラーゲンを摂取する方法というのが「コラーゲンを飲む」ということ。

サプリやすっぽん鍋などの料理で摂取するよりも効率的で、より多くのコラーゲンを摂取することができる「飲むコラーゲン」は、価格も驚くほど高いものではないですし、味や飲みやすさ、実感できる効果においても継続するのが難しくない、バランスに優れた摂取方法だといえるかもしれません。

このバランスの良さが、いまコラーゲン不足を気にする美容に関心の高い方々に支持されている理由だと思います。

飲むコラーゲンの吸収率がポイント

基本的にコラーゲンは、体内に吸収されるためには一度アミノ酸に分解する必要があります。このことから、「コラーゲンを摂取しても意味がない」と言われるようになっているわけですが、このコラーゲンを分解してできるアミノ酸の1つに「ヒドロキシプロリン」という成分が含まれています。

この「ヒドロキシプロリン」を吸収することによって、体内のコラーゲン生成機能を活発化させ、お肌をはじめとする体のあらゆる部位に効果を発揮させるのです。

低分子コラーゲン配合の飲むコラーゲン

コラーゲンがアミノ酸に分解される理由は、コラーゲンの分子量が大きいからという事になります。吸収される前に分解するプロセスがはさまっているので、効果がでるには少し時間がかかってしまいます

そこで、分子量を小さくしてそのまま吸収してくれるコラーゲンがあれば、一番効果が期待できるわけです。そんな夢のコラーゲンが「低分子コラーゲン」と呼ばれる成分です。

低分子コラーゲン配合の飲むコラーゲンの選び方

低分子コラーゲンを配合した「飲むコラーゲン」の商品が増えてきています。数が多いがゆえに、なかなか選び方が難しいと思いますので、選び方の目安をご紹介したいと思います。

低分子コラーゲンだけではだめ

低分子コラーゲンの吸収力が高いことは上記でお話ししましたが、高分子コラーゲンを分解してできるアミノ酸各種も、コラーゲンの効果として大きな働きをしてくれます。

配合しているコラーゲンの種類が「低分子」と「高分子」の両方が含まれているものを選べば、より高い効果が期待できます。

コラーゲン合成能力を助ける成分

効率よく摂取するだけでなく、体内でコラーゲンを作る能力を活発化させることも重要なポイントになります。「ヒドロキシプロリン」によって活性化させられたコラーゲン合成能力は、ビタミンCやニンニクエキスなどによってより活発化させることができます。

より高い効果を望むなら、ビタミンCやニンニクエキスなどを配合した「飲むコラーゲン」を積極的に選ぶようにしましょう。

 
本当にいいのはどっち? 低分子コラーゲンvs高分子コラーゲン