本当にいいのはどっち? 低分子コラーゲンvs高分子コラーゲン

低分子コラーゲンだけでいいの?コラーゲンの効果を徹底検証

HOME » 【特集2】美容だけじゃない!コラーゲンの働き » 免疫力を高めるってホント?

免疫力を高めるってホント?

このページでは、自然に近い高分子コラーゲンが免疫力を高める理由についてご説明します。

免疫力を高めるコラーゲンの効果

コラーゲンには、免疫力を高める効果があることもわかっています。

免疫力とは「外敵から体を守る力」のことをいいます。私たちのまわりにはウイルスやカビ、細菌などがたくさん存在し、体にも入ってきます。しかし人間にもともと備わった免疫力で、それらはきちんと退治されています。免疫力が弱まると、私たちは病気に罹りやすくなります。

コラーゲンは「マクロファージ」や「リンパ球」の働きを活性化させるため、免疫機能が高まるのです。

マクロファージはウイルスや細菌を丸ごと食べて処理してくれる免疫細胞です。コラーゲンを与えたマクロファージは通常の100倍ものスピードでウイルスや細菌などを退治したという実験結果もあります。

リンパ球とは白血球の一種で、自身の交代(免疫グロブリン)を使って体に入った異物を攻撃します。

高分子コラーゲンで免疫力アップ!

高分子コラーゲンはその一部が高分子のまま吸収されます。高分子コラーゲンはアミノ酸の繋がりが分断されずに温存されていますが、それがコラーゲン合成能力を刺激し、免疫力がアップするのです。だからこそコラーゲンは、自然に近い高分子である必要があります。

ある実験では、ガン細胞を植え付けたマウスに豚の皮から作った高分子コラーゲンを与えたところ、何もしなければ2週間で全滅していたものが最高で83%も生存したということです。また、一度ガン細胞をやっつけたマウスは免疫力が高まり、ガン細胞を植え付けても二度とガンにはならなかったということです。

この実験から、ガンの転移を防ぐ高分子コラーゲンの働きにも期待がされています。また、ガンの治療で有名な「丸山ワクチン」がコラーゲン増殖作用を持っているのも興味深い事実です。

健康があってこその若さです。美肌にプラスして内側からも健康でいたいなら、高分子コラーゲンを積極的に摂ることをおすすめします。

 
本当にいいのはどっち? 低分子コラーゲンvs高分子コラーゲン